歴史

スピリチュアルヒーリングの歴史は、太古の昔からシャーマニズムと関係しているようだ。
ここにシャーマニズムの大まかな三つ手段について述べてみよう。


まずひとつめ。シャーマンが、なんらかの方法で自発的に変性意識状態にはいったとき、脳波に
変化が生じる。これはヒーラーがセラピー(治療や施術などを指す)の形態にはいる際に、脳波の
パターンが変わるのと同様である。


ふたつめの特徴。この変性意識の状態で、シャーマンは霊的な世界へ旅をする。
そこでスピリチュアルな存在(霊魂)と交信して、いろいろな助言を受けたり、なにかのテクニック
などを会得したりする。

 
みっつめ。彼らは自分たちの社会の助けになる知識などを得るための手段として、霊界探訪をする。
それがベースとなってシャーマニズムは、形を変えて現代にその位置を築いてきたのであった。
現在のように機械化が進んで、魂の分野が退化してしまった世相において、その反動による心や肉体の
苦痛を取り除く役目を、彼らは担うようになったのだ。

引用先:「癒し」の精神史
http://www.dmn.ne.jp/~akegaras/seisinnsi.html


現存しているオーストラリアにいるアボリジニ民族にも、こうしたシャーマニズムは息づいていて、
おそらく何千年もの昔から受け継がれてきてるのではなかろうか?


文明社会でも、こうしたシャーマニズムを再び復興させ、スピリチュアルヒーリングに生かそうと
する人々が増えてきている。


私が感じるに、今やこうした動きは世界各地で起こっている様に思える。


特筆すべき点は、デジタルテクノロジーとの融合によって、CDやDVDなどのメディアを利用して、
こうした現象を起こそうという試みが行われ、多くの成功を収めてきている。


科学的にスピリチュアルヒーリングの方法も解明されてきており、今後さらに研究が進めば、
科学と古代宗教的儀式の完全な統合がなされるのもそう遠くは無いと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37425691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。